はげが目立ってきた!薄毛治療にクリニック

ハゲの原因は家系的な遺伝が大きいです

いわゆるハゲの原因ですが、実に様々な要因が考えられます。
そもそも人間の身体は個人個人によって異なっており、ハゲる原因も自ずと十人十色となります。
ただ、最も原因として考えられるのは、家系的な遺伝です。両親や親戚の方々に、頭皮が薄い方が多いと、やはり遺伝的な関係で将来薄毛になりやすいです。
髪の毛のケアを熱心に進める男性が、無残にもハゲてしまう事もあれば、反対に全く頭皮ケアについて無頓着な男性がいつまでも若々しい黒髪を維持している事もあります。
少々残酷ではありますが、人智が及ばない遺伝子レベルでハゲの有無は決まってしまう事が多いです。

 

ただ、家系的にハゲる遺伝子を持っていたとしても、専用のサプリメントや医薬品を飲む事でケアは十分に可能です。
確かに遺伝子によるハンディキャップは大きいですが、今では頼もしいAGAケアのアイテムが多数揃っています。
一般的な頭皮ケアだと、薄毛の進行をただただ遅らせる程度に留まります。
しかし、サプリメントや医薬品の方をコツコツと続ければ、たとえ両親や親戚の方々が薄毛だったとして、ケアを頑張る個人だけはハゲのリスクを免れます。
若い頃からの対策が大事であり、少し頭皮が薄くなってきた、と感じた時点から実践的なケアを始めた方が良いでしょう。

はげに効く治療薬の種類とは?

はげに効く治療薬は、大きく分けて二つのものに分類することができるでしょう。その一つは、フィナステリドが配合されている内服薬です。フィナステリドには、はげの原因ともなる男性ホルモンの生成を抑え、抜け毛を防止する効果があると言われています。この成分は、薄毛の治療薬として認可されています。
はげの治療に使われるもう一つの薬は、ミノキシジルを含んだ外用薬です。ミノキシジルには、血行を良くする作用があるため、大事な毛髪を成長させたり、さらには発毛を促したり働きがあるとされています。もともと血圧を下げるための降圧剤として用いられていた成分ですが、実際に服用していた大勢の方から、毛が多くなったという報告が寄せられたため、はげ治療のために広く用いられるようになりました。特に、フィナステリド配合の内服薬と併用することで、より高い効果が期待できると言われています。
こうした二種類の成分に加えて、はげ治療に使われている別の薬があります。それはステロイド剤です。これは、脂漏性脱毛が原因で起こるはげの治療に用いられることが多く、頭皮の炎症を抑えるために用いられています。これは一般に、頭皮に直接塗るタイプのものとなります。